ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

NMN 効果報告

若返りは不可能ではない。

NMN=βニコチン アミド モノヌクレオチドは、ビタミンB3から作られる化学物質で、細胞死に関係するサーチュイン遺伝子を活性化させ、細胞を修復する。

ハーバート大学のデビッド・シンクレア教授らは生後22カ月のマウスの細胞にNMNを投与した。

すると生後6カ月の細胞のように活発に活動を始めたという。

これは人間に換算すると、60歳から20歳への若返りに相当する。

ほかにも投与したマウスの寿命が約16%延びたり、人工的に糖尿病にしたマウスの血糖値が正常化するといった若返り現象や目の疾患や難聴、肝臓や心臓を守る作用が確認されている。

私たちの体の中には、長寿遺伝子があります。

この長寿遺伝子はサーチュインと呼ばれ、生物の老化を防止し、寿命を延ばすと言われています。

このサーチュイン遺伝子は誰もが持っており、活性化することで人類の平均寿命は100歳を超えるという説もあります。

「サーチュイン」とは体内で重要な役割を担っているタンパク質のことで、このサーチュイン遺伝子がONになると細胞内で指揮者のような働きをし、活性化されると細胞内の小器官「ミトコンドリア」の量が増え、老化要因を抑える効果があると考えられています。

つまり、サーチュイン遺伝子を活性化することができれば最強のアンチエイジング、つまり若返りにつながるのです。

そして、その「サーチュイン遺伝子の活性化」を促進してくれる成分が、「NMN」なのです。

NMNは脳間(脳視床下部、脳下垂体)に作用すると言われています。

脳間を通じて神経伝達回路の速やかな改善により、人体の老化で衰えた総ての内臓器官を神経伝達回路を改善し、より正常に機能を開始させ、併せて免疫力向上、脳全体の神経伝達回路の改善、男女共に不妊治療(男性は精子の正常化、女性は卵子皮膜の柔軟化)、筋肉、骨の強化が行われると言われています。骨折や創傷の治癒力の向上も期待出来ます。

また、脳下垂体、脳視床下部からの指令によりホルモンバランスの改善により肌を整える効果(保湿、シミシワ改善)、メラトニンの増加に伴い睡眠の改善などの作用があると言われています。脳間への作用は極めて微量のNMNでも効果が期待出来ます。

しかしながら、NMNが含まれるナイアシンをはじめ、ビタミンB2、B6、葉酸は、大量摂取による過剰症が出る恐れがあると言われています。

ナイアシンを大量摂取した場合、一時的な顔の火照り・紅潮や、痒みが一時的に出るという「フラッシング症状」が起こることがあります。
また、ひどい過剰症になると、吐き気や便秘・下痢などの胃腸障害、肝機能障害を起こし、まれに劇症肝炎を起こす危険性があるようです。

まあ、今のところは、分からないところが多いし、あの嘘つきNHKが放送したのだから、安易に鵜呑みにしない方がいいが、NMNが長寿に何らかの効果があることは確かなようだ。

 

 

2231total visits,1visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA