ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

上質の睡眠

成長ホルモンが眠りを誘う

HGAスプレー1ozを使用している人の殆どの人が言っている。
良く寝れる。
すぐに眠むってしまった。
ぐっすり眠れた。
など、睡眠に関するコメントが多い。

間違いなく、睡眠と成長ホルモンの分泌は関係している。

レム睡眠とノンレム睡眠は、80分から110分位の周期で繰り返すようだ。

最初の周期と第二周期の間に沢山の成長ホルモンが分泌される。

それがだいたい3時間位の時間となる。

その後も成長ホルモンは分泌されるのであるが、最初の3時間に比べてその量は少ない。

つまり、成長ホルモンを分泌させるには、最初の3時間の熟睡がとても大事だ。

成長ホルモンが分泌されると、睡眠を促されるようだ。

寝ている間に壊れた細胞などの修復、再生が行われる。

眠らないと、折角の成長ホルモンも十分な効果を発揮しない。

人間の身体には、成長ホルモンが出だすと眠くなるという、成長ホルモンが有効に効果をだすための仕組みがあるようだ。

多分、そんな訳でHGAスプレーをすると成長ホルモンが分泌され、眠くなり、寝ている間に、肌、筋肉、内臓、骨、脳などあらゆる器官が修復され、再生され、身体は回復し、元気を取り戻し、爽やかな目覚めとなる。

最初の睡眠3時間が大事

私は、以上のことから、1日3時間の睡眠を2度とるのが良いのではないかと考えている。

身体の回復するのは、最初の睡眠3時間。

でも、通常、7時間、8時間寝てしまう。

その7時間、8時間続けて眠るという行為には身体の回復以外に意味があるのだろうか。

成長ホルモンの分泌だけをみれば、3時間づつ2回に分けて眠るのが効率的に思えてならない。

成長ホルモンの分泌が多いということは、それだけ体の回復も良いということだ。

年をとると眠れなくなる。

これは、成長ホルモンの分泌が少ないためではないか。

若いときはいくらでも眠れる。

これは、成長ホルモンの分泌が多いためでなないか。

昔は、昼間で寝ていたな~。

赤ちゃんは寝るのが仕事といわれるくらい良く眠る。

ではでは、今日もHGAスプレー1ozで、熟睡することにする。

1152total visits,4visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA