ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

利き目が替わった

右目が利き目だった

私は、右目が効き目だった。

野球で、左バッターは、左が効き目の方が良いと言われている。

何故なら、打つときに最後までボールを見ていられるから。そして、打つ際の顔の動きも抑えられる。左バーターは、ファーストベールまでの距離が近いのでヒットになる確率があがる。これは、打率に大きく影響し、圧倒的なアドバンテージである。そのため、右利きの人でも多くの人が左バッターになる。

その時、利き目は、左の方が有利なので、変えられるものならば変えたい。

その方法が見つかりました。

どのようにして利き目が替わったか。

それは、視力回復トレーニングの過程で起こった。

それは、正に思いもよらぬ副産物であった。

考えてみれば、さもありなん。十分に考えられることでした。

利き目を替えたい人は、是非、この講座を受講してください。無料です。

みんなの視力回復道場

利き目が替わった理由

視力に差がある場合、利き目は視力が良い目に替わっていく。

視力の良い目で見た画像を中心に両目の映像が組み立てられるように脳内回路が自然に構築されていきます。

これが、利き目が替わる原理で、私は左目の方が視力が良い状態の眼鏡を掛け続けていたために利き目が替わりました。

それだけのことです。

でも、その事実を知った時には、驚いた。びったまげた。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA