みんなの視力回復道場

 

誰も気づかなかった視力回復法

邪魔物は捨てて、カッコ良くなろう

目が良かったら、良いのに。

メガネは兎に角、スポーツの邪魔。

スポーツ選手ならずとも、誰もが必ず思う事。

 

曇るし、危険。

 

風呂場で他人が分からない。

 

標識が見えない・・黒板が見えない・・テレビが見えない・・映画見えない・・見えない

・・見えない

 

眼鏡があるから、コンタクトレンズがあるからいいや、じゃないでしょう。

 

裸眼でデートしたいでしょう。

裸眼でスポーツしたいでしょう。

 

カッコ良く。

 

 

みんな決して諦めるな、やれば出来る

 

 ドキンガンだから、絶対に視力回復はできない。

 軽度近視で裸眼生活が不便だが仕方がない。

 いろいろ努力したが、出来ないと諦めてしまった

超音波治療器を使ったけど、結局視力回復出来なかった。

などなど、視力回復はできないと諦めている人が如何に多いことか。

 

視力回復なんて絶対にできない。

視力回復をした人なんて周りにいないし、聞いたこともない。

 

視力回復は、努力したけど変化なく出来るものではないと感じた。

視力回復の本を買って実践したが、全く効果がなかった。

 

などなど。

 

確かに、簡単ではない。

でも、決して難しいことでもないのです。

 

成人になってからも視力が落ちる人がいます。

逆に、成人になっても視力が回復する人も極々僅かですがいます。

 

とても良い事例として、宇宙飛行士の視力がたった1ヶ月で遠視に変化しています。

『まず、宇宙に行くと「見え方」はどう変化するのか?岩崎教授に聞いた。 「一口に視力低下というのとはちょっと違います。多くの宇宙飛行士が、遠くが見えやすく、近くが見えにくくなると報告しています。人によって見えやすい距離がそれぞれ違いますが、例えば近視の人の場合は近くが見えていたのが、ちょっと遠くが見えやすくなる。遠視の人の場合はより遠くしか見えなくなるので、結果的に近くが見えにくくなるのです」』

—–[ 宇宙飛行士の約半数に「視力の変化」—日本大学 岩崎賢一教授に聞く] からの抜粋 —-

 

そう、視力は事実、このように変わっているのです。

子供は勿論のこと、大人になっても視力は変わっているのです。

 

年齢、性別、現在の視力は関係ありません。

視力回復はできないと諦める必要など決してないのです。

 

あなたの視力は回復可能です。

 

 

新たな視力回復法を見つけた

 

最近、子供の視力低下が問題となっています。

シンガポールとオーストラリアのシドニーに住む6~7歳の子どもたちを比較したところ、シドニーの子どもたちでは近視の割合が約3%だったのに対し、シンガポールの子どもたちでは約29%と、10倍近い差がありました。どちらも中国系の子どもたちで、両親の近視の割合もほとんど同じ。つまり、人種や遺伝的な差はありませんでした。差があったのは……学校以外での「屋外活動の時間」だったのです。

シドニーの子どもたちは、週に14時間(1日平均2時間)屋外で過ごしていたのに対し、シンガポールの子どもたちは、週にわずか3時間(1日平均約25分)しか屋外で過ごしていませんでした。』

—— [NHK健康チャンネルで確かな医療・健康情報を] からの抜粋 —–

 

私は、宇宙飛行士と子供の視力低下の共通項から、ある事を閃きました。

そして、その事を実践した結果、

半年間で0.03から0.1まで視力を回復させたのです。

 

裸眼で相手の表情が良くわかると、デートがより楽しくなりました。

ゴルフに時掛ける眼鏡がどんどん弱くなっています。

普段掛けている眼鏡もどんどん弱くなっています。

 

ちょっと、公表するのが時期尚早な気もしますが、だいたいの事は早いに越したことはない。

だって、皆さんも早く視力回復した方がいいに決まってる。

 

ということで、「みんなの視力回復道場」を開きました。

 

 

無理なく習慣になると自然に良くなる

 

視力回復のスピードには、個人差があります。

 

どれだけ効率的に適切な日課をこなすかにもよりますし、

また本人のスタート時の目の状態にもよるでしょう。

 

視力回復道場ですから稽古必要です。

 

ルーチンワーク(日課)を根気よく続けなければ、視力は絶対に回復しません。

と言っても、毎日1本背負いをしろと言う訳ではありません。

 

比較的簡単なトレーニングです。

 

眼球運動でも、遠くをじっと見ることでもありません。

近くと、遠くを交互に見るトレーニングでもありません。

特殊な画像を見たり、ピンホールを通して見るトレーニングでもありません。

 

 

多分、誰も実践したことのないトレーニングです。

さあ、目を良くしたいなら、入門して今すぐトレーニングを始めましょう。

みんなの道場では、視力回復に有益な情報を順次ステップメールで配信して参ります。

あなたもメールアドレスを登録して、我が視力道場で学び、実践し、目を良くしませんか。

約一ヶ月の通信講座です。

 

みんなの視力回復道場入門(無料)

 

リスクフリー、完全無料、何時でも退会自由です。(破門もありますけどw)

 

 

2つの共通項、何だか分かりましたか

 

私が閃いた2つの事例の共通項が分かった人は、入門する必要もないかも知れません。

もう、ひとりで視力回復していけることでしょう。

 

まだ分からない人。

どうなんでしょう。

 

このまま生きていきますか。 

 

カッコ悪く。

 

道場では、どのように私が視力を回復させているのか、その秘密をお教え致します。

 

共に視力を回復して行きましょう。

 

みんなの視力回復道場入門(無料)