ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

遠くの物が2重に見える

目次

  1. 視力回復トレーニング中
  2. 遠くの物が2重、3重に見える理由
  3. みんなの視力回復道場

 

視力回復トレーニング中

超音波発信器を使いながら、視力回復トレーニングを始めて3ヶ月。

視力は徐々に、確実に良くなっている。

その過程で目の異常な痛みやコリの発症以外に気がついた事としては、

遠くの物が2重、3重に見えることが日常的に発生していることであろう。

 

以前は、遠くはぼやけて見えていることが多かった。

例えば、一本の線を見た時、薄く広がって見える。

 

しかし、今は一本の線が、割と濃い色で2本以上見える。

遠くの三日月お月様を見るときなど、6重、7重に見えてしまう。

 

何故このような状態が頻繁に発生するようになったのだろうか。

 

複視というものがありますが、片目をつぶっても2重、3重に見えるときは

複視ではありません。

 

 

遠くの物が2重、3重に見える理由

 

遠くのものが2重、3重に見える理由は新たに視神経のネットワークがいくつも出来ている状態でしょう。

光りを網膜で受けた場所が異なるところから、視神経中枢までの神経回路が複数存在して、それらに電流が流れている。

互いのその電流の大きさの差が小さいと、脳はそれぞれの画像を認識して2重、3重に見えてしまう。

 

私は、そう考えています。

 

つまり、遠くの像が2重、3重に見えるということは、新たに視神経回路のネットワークが構築された証拠です。

これは、超音波発信器による血管新生、神経回路新生が上手く行われている証拠でもあります。

 

目が良くなる過程で、必ずこのような現象に遭遇するはずです。

 

もしも、このような状況になったら、目が良くなっていると自覚して下さい。

この2重、3重の現象は、一番はっきり見える画像の視神経ネットワークにより多くの電流が流れ続けることにより

1つの像になってきます。

 

脳に新しき回路ができて安定するのに3週間くらいの日数がかかると言われています。

多分、同じ遠くの物を毎日見ていれば、やがて画像は1つになるのではないでしょうか。

 

また、遠くの物ほど2重、3重に見える傾向がある気がします。

視力が回復してきたら、遠くのものを長い時間見ることをお奨めします。

 

兎に角、電流を流して、新しい視神経回路を安定させる必要があります。

 

そして、突然に2重、3重になっている像が一つのくっきりした像に変る瞬間を体験することでしょう。

私は、何度も体験しています。

 

これは、毛様態筋が引っ張られて、レンズが薄くなった訳ではなく新しい良く見える回路が選ばれた結果です。

この状態は、しっかり続けて、繰り返してあげないと根付きません。

 

私は外に出たときには、努めて遠くを凝視するようにしています。

 

皆様に私の視力回復法を伝授しております。

興味のある方は、是非みんなの視力回復道場にご入門ください。

ご一緒に視力を回復して行きましょう。

 

 

みんなの視力回復道場

道場では、私の得た知識と経験を余すところなくお教え致します。

そして、あなたの知識と経験を教えて下さい。

 

私はこのステップメールを通じて、皆さんと繋がり、情報を共有したいし、
一人でも多くの方に視力を回復してもらいたい。

ステップメールではブログ以上の視力回復のノウハウを提供して
まいります。

ほんと、ブログでは話せない貴重な情報を送信します。

 

信じてくれた人だけに伝えたい。

 

私が獲得した基本的な知識から超音波治療器の有効な使い方、
独自の視力回復トレーニングの方法、その他集まった有益な
情報を紹介してまいります。

 

みんなの視力回復道場で視力を回復したい方は、どうぞお気軽に
こちらからご登録ください

 

 

10595total visits,1visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA