ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

アスタキサンチンの効果

目に良いの?

脳や目はとても重要な器官であるため、その入り口にはそれぞれフィルターの役割をする器官があり、

さまざまな物質がそこでシャットアウトされています。

それぞれ、血液脳関門、血液網膜関門と呼ばれています。

脳や目に必要な栄養のみを通過させるこのフィルターはとても厳重で、ビタミンCやビタミンEのような抗酸化物質でも通ることができません。

アスタキサンチンは、他の抗酸化成分が通ることができないフィルターを通過して、目や脳に到達できる数少ない成分のうちの1つなのです。  

私達が物を見る時には、眼球のまわりの筋肉を使ってピント調節をしています。

目を酷使すると、この筋肉が疲労してうまくピントを調節できなくなります。

そして、目がショボショボしたり、目がかすんだり、肩がこったり、頭痛がしたりといった眼精疲労の症状が現れるのです。

アスタキサンチンは眼精疲労にも効果があります。  

臨床試験によれば、アスタキサンチンの摂取によってピント調節機能が回復し、肩こりや目の奥の痛みなどが改善されたということです。  

アスタキサンチンは、視力回復に効果があるかも知れませんね。

私は、アスタキサンチンを飲んでいます。

 

兎に角、眼精疲労回復です。  

脂肪をエネルギーに変える

肉体的疲労の原因はエネルギー不足と疲労物質の蓄積です。

アスタキサンチンを摂っていれば、運動をする時のエネルギー源として脂肪が優先的に使われるようになって、

筋肉に蓄えられた糖を利用することが抑えられ、エネルギー不足を防ぐことができます。

精神的疲労は、脳内に貯蔵されているエネルギーの減少によって起こります。

アスタキサンチンによって糖の利用が抑えられれば、脳のエネルギー不足を防いで脳の疲労を防止することができるそうです。

つまり、運動持続力も、精神的集中力も長持ちするということです。

 

みんなの視力回復道場

裸眼でデートしてみませんか。

眼鏡など外し、代わりに素敵なサングラスをかけたりして。

 

道場では、私が得た知識と経験を余すところなくお伝え致します。

一人でも多くの方に視力を回復してもらいたい。

ステップメールではブログ以上の視力回復のノウハウを提供して参ります。

ほんと、ブログでは話せない貴重な情報満載です。

 

私が獲得した基本的な知識から独自の理論まで、
超音波治療器の使い方、
青色光トレーニング法、
その他有益な情報を随時紹介して参ります。

 

道場で稽古する気持ちになった方は、こちらからご登録ください

完全無料、リスクフリー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA