ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

紫外線と視力回復

  1. 太陽からの紫外線の種類
  2. 紫外線による目の障害
  3. 紫外線による視力回復の可能性

 

太陽からの紫外線の種類

紫外線は、可視光より波長の短い電磁波です。

紫外線は、その波長によって3つに分けられます。

UVA:100~280nm

大気層(オゾンなど)で吸収され、地表には到達ない。

UVB:280~315nm

ほとんどは大気層(オゾンなど)で吸収されるが、

一部は地表へ到達すし、肌や目を傷めると言われている。

UVC:315~380nm

UV-Bほどではないが、長時間浴びた場合の健康への影響が懸念されている。

 

紫外線による目の障害

紫外線は、角膜と水晶体で大部分はブロックされます。

ですから、通常の生活では、特に気にする必要はありません。

 

けれども、強い紫外線を浴びる所では、注意が必要です。

 

例えば、雪山などでは、紫外線が強く、角膜炎(雪目)になるリスク

があります。

 

強い紫外線を浴びると、白内障や黄斑変性症、翼状片、瞼裂斑という、

視界がゆがんだり目が見えなくなったりする病気を

引き起こす可能性があると言われています。

 

そのような場合は、紫外線をカットするサングラスを

するのが良いでしょう。

 

今までは、このようにいろいろな病気を発症しかねない

紫外線は目に悪いと思われていました。

 

ところが、最近の研究で紫外線(バイオレットライト)が視力低下

を抑制していることが明らかになってきました。

 

慶應義塾大学医学部眼科学教室の坪田一男教授、根岸一乃教授、栗原俊英特任
准教授、鳥居秀成助教らは、バイオレットライトが成人の強度近視患者の近視進行(眼軸長
伸長)を抑制する可能性を発見しました。

 

紫外線による視力回復の可能性

私は、紫外線(バイオレットライト)による視力回復の

可能性が非常に高いと思う。

 

長期滞在の宇宙飛行士の眼軸長が短くなって

いることからも、波長の短い光りを目に

当てれば、眼軸長が短くなることが予測できる。

 

これから、自らブルーライトを目に当てて

視力が回復するかどうかを検証しようと思う。

 

紫外線が目に障害をもたらすということを

考慮しながら、慎重に実験を進めようと思う。

 

ブルーライトや紫外線の発生装置は、既に入手。

 

早速、ブルーライトを目を閉じた状態で当てること

から始めている。

 

3ヶ月くらいで結果が現れなければ、次の実験に

移るつもりです。

 

軸性近視を改善しなければ、強度近視からの復活は

難しい。

 

目のストレッチだけでは、限界がある。

 

眼軸長を短く出来れば、今まで不可能と言われてきた

強度近視からの回復もできるはず。

 

3ヶ月後に皆様に良い報告ができると、良いのだが。

(2018.10.1)

 

 

3441total visits,3visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA