ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

GABAを買った

GABAの摂取開始

HGAスプレーには、α-GPCの他にGABAが含まれて居ます。

GABAには、成長ホルモンを促進する作用があるという研究報告があります。

γ-アミノ酪酸(GABA)は自然界に広く分布する タンパク質非構成アミノ酸であり,野菜,果物を はじめ様々な食品素材に含まれている.動物にお いては,抑制性の神経伝達物質として主に脳内に 存在している.GABA は生体内において,グルタ ミン酸(Glu)からグルタミン酸デカルボキシラー ゼ(GAD)によって脱炭酸されることにより生成 され,GABA トランスアミナーゼ(GABA-T)に よりコハク酸セミアルデヒドに代謝され,コハク 酸を介して TCA サイクルに入る.

これを摂取する ことで血圧上昇抑制作用抗ストレス作用が得ら れるといった研究が行われ,実用化もされている.

また GABA は,成長ホルモン分泌促進作用腎機 能障害抑制作用中性脂肪増加抑制作用を有する ことも知られ機能性食品素材として注目されてい る.しかしながら,GABA は血液脳関門を通過し ないため脳実質内には取り込まれないと言われて おり,食餌性 GABA の抗ストレス作用に対する作 用機序については不明な点が多い.」

GABAは、ストレスがかかると体内で多量に消費され欠乏状態となる。

腸におけるその状態は、中枢神経経由で脳に情報伝達が行われ、脳内もGABAが減少する。つまり、GABAは血液脳関門を通過できないのであるが、GABAの摂取で脳内のGABAも変動すると考えられている。

従って、GABAを摂ることで、脳内のGABAを増やし、セロトニンを分泌させることができるのだろう。

セロトニンは、幸福ホルモンと言われ、精神的な安定を維持することにとても良い。

ストレスを感じたときには、GABAを飲むと良いかもしれません。

私は、成長ホルモンの分泌のために摂っています。

どの程度の効果があるかは、半信半疑であるが、私は、血圧が高いので、GABA効果で血圧が下がれば、願ったりである。

血圧上昇抑制効果もお期待して摂取しているが、私の血圧は変わらない気がする。

脳内神経伝達物質はアミノ酸から合成されており、アミノ酸自身が脳内神経伝達物質として機能しているものもあります。例えばグルタミン酸やアスパラギン酸は興奮性の神経伝達物質で、グリシンやGABA(γ-アミノ酪酸)は抑制性の神経伝達物質です。また、セロトニンはトリプトファンの構造の一部が少し変化してつくられますし、アミノ酸がいくつも連なって合成される脳内神経伝達物質もあります。このように脳内神経伝達物質はアミノ酸が原料となっているわけですから、当然、食べ物や食生活と大きく関係していると考えられます。

「下垂体前葉は6種類のホルモン(ACTH、GH、PRL、TSH、LH、FSH)を分泌し、成 長、生殖、代謝、免疫を制御する重要な内分泌器官である。これらのホルモン分泌は視床 下部や末梢臓器からのホルモンにより調節されている。視床下部による前葉ホルモンの分 泌調節は、従来、下垂体門脈系による制御が唯一であると考えられてきた。一方、古くか ら下垂体前葉ホルモンの放出は日内リズムを示すことは知られてきたが、そのメカニズム は未だ十分には明らかになっていない。」

下垂体前葉のホルモン分泌機能については、分からない点が多いようだ。

ラットに GABA を投与すると、血中の成長ホルモン濃度が顕著に増加することがわかり、ま た、その他のアミノ酸と比較しても GABA による影響は顕著であった。

確かに、成長ホルモンの分泌促進作用はマウスで確認されている。しかし、そのメカニズムは明らかではない。

2100total visits,2visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA