ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

ネクローシスは殺し

2つの自殺法

細胞の死に方には2つある。

・アポトーシス

・ネクローシス

ですね。

 

以前、ネクローシスは、母体(核)からのミトコンドリアなどの細胞内小器官の殺戮であるという話をしたと思います。

ネクローシスとは、細胞やその小器官が膨潤して、破裂し破壊されることですね。

細胞が壊れる(死ぬ)ひとつの形態です。

その行為は、小器官のひとつであるミトコンドリアを破壊しています。

 

そして、核DNAは、破壊されずにそのまま残っているのではないかと思っています。

つまり、核DNAがミトコンドリアを殺している。

 

その行為が、ネクローシスの正体だ。

 

アポトーシスは、その逆で、ミトコンドリアが核DNAを殺している。

アポトーシスは、ミトコンドリアから出たたんぱく質により4つに分裂する。

4つに割かれているですね。

そして、核DNAは死ぬ。

 

その行為が、アポトーシスの正体です。

 

細胞の自殺と言われますが、実は細胞の殺され方ですね。

 

20億年前に核細胞内にミトコンドリアが侵入されて以来、互いに

どちらかが邪魔になると他を殺してきた。

 

その歴史が、アポトーシスとネクローシスだと私は思っています。

これって、ミクロで見ると自殺じゃなくて、他殺だよね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA