ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

0.1以下の視力回復方法

目次

  1. 視力0.1以下の割合
  2. 視力0.1以下の障害
    1. 黄斑部出血
    2. 網膜分離と剥離
  3. 視力0.1以下のメガネ
    1. ガラスレンズとプラステックレンズの違い
    2. 過度の薄型レンズは必要なし
  4. 遂に視力0.1以下の視力回復法発見

視力0.1以下の割合

近年日本でも、若者の視力0.1以下の人の割合が増えています。

その割合はどうかと調べたある調査によると、
視力0.1以下の割合は、38%で、1.0以上の割合は
18%であったそうです。

何と約4割もの人が視力0.1以下とは驚きです。

そして、若年ほど、0.1以下の割合は多かった。

スマホ、携帯電話、ゲーム機、PCの長時間使用などの
生活環境の変化がその主な要因と考えられています。

本当でしょうか。

私は、実は違うと思います。

昔も、読書や勉学などで近くばかり見ている人はいましたが
目が悪くなった者は少なかったのでははないでしょうか。

最近の急速な科学進歩にも関わらず、近視の問題は
悪化しています。

改善されないのが不思議でしたね。

やっとその原因が明らかになって来た様な気がしています。

視力0.1以下の障害

強度近視の人には、様々な合併症を生じることがあります。

強度近視の人は、病的な毛細血管が沢山出来てしまっている
ことが多く、また、眼軸長が伸びてしまい、網膜や脈絡膜が
薄くなってしまっていることも多い。

眼軸長とは、眼球の奥行き、つまり水平方向の
眼球の長さです。

多くの強度近視の人は、眼軸長が長くなっています。

これは、近くを見ようとする時に、水晶体を厚く
しようとすると同時に、網膜細胞が光りの強い場所に
近づこうとするからです。

24mm程度が標準の眼軸長ですが、強度近視の人は、
27mm以上、時には30mmにまで伸展して
しまっていることがあります。

眼軸長が長くなると、視機能に重要な視神経や
黄斑部、網膜などの部位が機械的に伸展される
とともに変形し、様々な強度近視特有の眼底病変
を起こしてきます。

強度近視の約1割の人に以下のような合併症や
その兆候見られるようです。

★ 黄斑部出血

強度近視の患者さんの約1割に、黄斑部という
網膜の中心部分に出血が生じます。

強度近視の患者さんでは網膜と脈絡膜を隔てる
バリアのような働きをしているブルッフ膜という
膜に亀裂が入ることがあり、この亀裂を通って
脈絡膜から病的な血管が網膜に入り込んで
しまった状態です。

このように強度近視の人は、網膜に内出血を
起こす危険性が高く、注意が必要です。

★ 網膜分離と剥離

強度近視では眼軸長が長くなっているので、
伸びきれなくなった網膜がはがれてきてし
まうことがあります。

所謂、網膜剥離またはその前段階である網膜分離
と呼ばれるものです。

また、強度近視の人は、網膜や脈絡膜が酷く
菲薄化し、萎縮してしまってます。

強度近視の人は、網膜が脈絡膜から剥がれ
易いので、特に注意が必要です。

また、ここでは詳しく触れませんが強度近視の人は、
緑内障と間違って診断されることも多い。

まあ、これは、医師のレベルの問題ですが。

視力0.1以下のメガネ

視力0.1以下はだいたいジオプトリー(度数)で
言うと-4.00D以下に相当します。

メガネは、我々に良好な視界をもたらす便利の器具
ですが、同時に目の状態を悪化させてしまうとう面も
持っています。

強いメガネを常時掛けていると、努力なしに見る事に
目が慣れてしまい、自力で目の調節機能を働かせる事を
怠ってしまうのです。

その結果、目のピント調整機能が衰えて、更に目が
悪くなるという悪循環に陥ってしまいます。

メガネは、強すぎるものを作らないように注意
しましょう。

特にコンタクトレンズの場合は、強めの度数のレンズ
を作る傾向があるのではないかと思っています。

コンタクトレンズの方がメガネより、視力の低下を
促進させる危険性が高いと思います。

★ ガラスレンズとプラステックレンズの違い

私は、ガラスレンズの方をお奨めします。

ガラスレンズは光学性能においてプラスチックレンズより優れ、
耐熱性もあり、傷もつきにくいので長持ちするメガネレンズです。

では、ガラスレンズのディメリットは何でしょうか。

● 衝撃に弱く壊れ易い。

● 染色が難しく、色はブラウン、グレーに限られる。

● 遠近両用メガネを製作するのが難しく高価になる。

● プラスチックより重い

こうして見ると、遠近両用とか色つきメガネが欲しいの
でなければガラスレンズで良いのではないでしょうか。

★ 過度の薄型レンズは必要なし

薄ければ薄いほど軽くて良いと思いがちですが
決してそうではありません。

薄くなればなる程、材料の屈折率が高くなると同時に
比重も重くなります。

従って、薄くしたからと言って必ずしも軽くなるとは
限りません。

また、過度に薄いレンズを作ると見える色が変化します。

レンズにはアッベ数という数値が存在します。

この数値が高いほど色にじみが少なく、本来の色と
同じように見えます。

薄型になるほど、アッべ数は下がります。

これはガラスレンズもプラスチックレンズも同じです。

ですから、強度近視の人でも、私は、過度の薄型レンズは
お奨めできません。

但し、レンズが薄型でないと選べないフレームがあります。

ファッション、スタイル、見た目重視の方は、
薄型もありですかね。

いっその事、視力回復してしまえば、瓶底メガネからも
開放されますね。

遂に視力0.1以下の視力回復法発見

強度近視の人は、絶対に視力回復できない。

今でも誰もがそう信じています。

しかし、私はこれだけ科学が進歩した時代に

未だに出来ないとはとても不思議に思います。

情報を集め考え抜いた末に、私はその方法を発見しました。

ド近眼でも必ず視力回復できます。

私は、-6.00D以下の強度近視でしたが、

着実に視力を回復出来ています。

その魔法のような方法が「みんなの視力回復道場」で

詳しく書かれていますので、近視の人は迷わず入門

してください。

あなたの視力も回復出来ます。

完全無料、リスクフリーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA