ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

痛風対策 クエン酸

目次
  1. クエン酸でこびり付いた尿酸を排出
    1. クエン酸と重曹を混ぜる
    2. 痛風治療薬は危険
 

クエン酸でこびり付いた尿酸を排出

今年(2016年)、5月、痛風を再発した。 今回の痛風かなり激しい、1ヶ月以上の長期に及ぶ激痛であった。   どうやら、長年の高尿酸値のため、身体に尿酸結晶がしっかりこびり付いているようだ。 トイレの黄ばみは、尿酸が便器にこびり付いたためである。 それを浄化するのに、クエン酸と重曹を使うと綺麗に取れるが、 それと同じで、体の間接等にこびり付いた尿酸を溶かすためには、 食用のクエン酸と重曹を混ぜて飲むと良い。   短期間、クエン酸を飲めば、かなり体から尿酸は排出されるだろう。 夏は、汗をかき、小水が減るので、痛風になりやすい。   しっかり、水分を摂って、食用クエン酸と重曹を飲もうと思う。   と言う訳で、私は、早速、クエン酸と重曹を注文したら、翌日到着した。   痛風が発症しているときは、尿酸値の血中濃度を更に上げてしまうので、 クエン酸と重曹は飲むべきではありません。 痛風の痛みが治まってから、実施しましょう。   クエン酸と重曹を飲むと、痛風状態に近い症状が発症するのが普通かも知れません。 足、手の指の関節、足首、膝、手首など、あらゆる股関節、特に末端に近い股関節で痛風感覚が生じることがあります。 痛い感覚、ぴりぴりした感覚です。 そのような方は、長年溜まった、関節にこびり付いている尿酸が、クエン酸と重曹を飲むことで血中に溶け出してきているためです。 もし激しい痛みが生じたら治まってから、再びクエン酸と重曹を飲んでください。 軽度の痛みであれば、必ずと言っていいほど起こる症状なので、さほど問題はなく、クエン酸と重曹を飲み続けても良いでしょう。 私は、痛みが発症してしまいました。   日常的な飲酒など、食生活の変化により、痛風患者が増えています。 アルコールは、代謝時に尿酸を生成しますし、更に悪いことに乳酸も生成して、血液を酸性にします。 アルコールが代謝されるときには必ず尿酸ができるので、どんな種類のお酒でも尿酸値や痛風にはよくないわけですが、 尿酸の素になるプリン体を含む量はお酒の種類によって多少違います。 プリン体は、ビールに最も多く含まれ、ウイスキー、ブランデー、焼酎などの蒸留酒はほとんど含まれていません。 長期にわたる研究では、ビールは尿酸を特に増やし、蒸留酒を飲んでもどうしても尿酸を増やすます。 アルカリ性の赤ワインは比較的良いのですが、やはり沢山飲めば、痛風になるという結果がでています。 年配者は、長年の尿酸の蓄積により、痛風にかかりやすくなっています。 痛風を避けるには、断酒しかなさそうですね。   昔、昔、アレキサンダー大王も痛風に悩まされました。 マケドニアでは、ワインを水で薄めずにそのまま飲んでいたようです。   ローマ時代にもたくさんの痛風患者がいました。   何れも、ビールのない時代ですね。   ビール大好き人間の私としては、無理してビールを控えて、僅かに尿酸を抑えても 意味がないし、ストレスが溜まるのだけなので気にせず飲むことにしています。   アルコール自体が痛風の原因なのです。 痛風は、大酒飲みの宿命です。 ですから、酒飲み全員に痛風対策が必要なのです。   2018年11月に痛風を再発症。 10日間位、激痛に苦しみました。  

クエン酸と重曹を混ぜる

クエン酸と重曹をお湯に混ぜて飲んで、身体を時々、綺麗にすると良いでしょう。 無水クエン酸(食品添加物グレード)1kg [01] NICHIGA(ニチガ) クエン酸と同時に重曹も混ぜる必要があります。 そうしないと、飲んだ時すっぱいし、クエン酸を十分にアルカリ性にするためにも大切です。 血液のをph6.5~7程度に中性にしないと、尿酸が期待通りに体内から排出されません。 2つを混ぜてクエン酸ナトリウムを作るのです。 パックス重曹F 2kg 重曹も直ぐに届きました。 早速、2つを小さじ1/2杯、150cc~200ccのお湯に混ぜて飲みます。 重曹の1日の摂取量の上限は、5gと言われています。 5gは目安ですから、厳格にする必要はないですが、少し注意した方が良いでしょう。   1週間位続けてみようと思ったら、飲んだら直ぐに、関節に少し異変を感じた。 う~ん、溜まってたな? 1週間位、間をおいて、また飲みました。 体と相談しながら、飲むことにしています。 しばらく続けると、痛風症状も軽くなってきました。   今では、朝、夕にお湯100ccといっしょに飲んだりしています。 体を綺麗にするのに、2年間くらいかかるという情報もあります。 効率よく尿酸を排泄して、できれば半年で綺麗な体に戻るのではと期待しています。 詳しいクエン酸と重曹の摂取方法は、「痛風は簡単に解消できます」を参照してください。   実体験では、手や足の指の関節の違和感が、徐々に改善されてきています。 それらが完全になくなるのには、1年以上かかるかもという感じです。   私は、尿酸結晶が改善できているかどうかのバロメータは、拡張期血圧を目安にしています。   飲み始める前は、日中に測定して 110mmHg以上だったのが 半年弱で、100mmHg以下 になりました。   80mmHg以下になるべきだと思うので、 まだ、まだですね。   やはり、2年くらいかかるのかな~。   血圧の下限値が下がると上限値も必然的に下がってきます。   私は、血圧の上限値は気にしていません。   それよりも、血圧の下限値が高い人は、末端の毛細血管が 老廃物なので詰まっていることを意味しています。 この事の方が高血圧よりもとても、大きな問題だと思います。    

痛風治療薬は危険

痛風の薬を飲み続けるのは、肝臓、特に腎臓に負担がかかるので、とても体に悪いと思います。   薬は利尿剤やカルシウム拮抗剤などを使用していて、腎臓を必ず悪くします。 体に悪いことはしないこと、ウラリット以外の痛風薬は、できるだけ飲まないようにしましょう。   クエン酸は、人体に安全です。 ミトコンドリアには、クエン酸回路があり、クエン酸は消費されてしまいますから。 ミトコンドリアは人体を構成する60兆個(30兆個余りとも言われている)の細胞に平均1000個あると言われているので、 6京個ですか。 摂取した余分なクエン酸を多量のミトコンドリアが簡単に消費して、エネルギーに変換してくれることでしょう。 尿酸値を下げることは、健康な体を維持するためにとても大切です。 今すぐ、尿酸値対策を始めることをお奨めします。   おすすめのサプリがあります。 こちらの記事を参照してください。 「アンセリンが痛風に効く理由」   血圧も下がるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA