ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

NMNで若返りって何?

NMNとは

nmn_kiso_680_280 ビタミンB3(ナイアシン)の一種。 ニコチンアミドモノヌクレオチドの略。

ビタミンB3の一種だから、体内では生成されないのか?

ビタミンB3は、別名「ナイアシン」と呼ばれている栄養素で、サプリメントにはだいたいナイアシン(Niacin)と書かれています。 ビタミンB3は水溶性ビタミンの一種です。 糖、脂肪、タンパク質などの代謝に必要不可欠な栄養素で、皮膚や粘膜の健康に深く関わりがあります。 また、「摂り過ぎは良くないけれども、足らなさすぎても良くない」という少々小難しい栄養素です。

なんか、摂り過ぎもいけないビタミンB3の一種であるNMNも摂り過ぎはいけないのではないかと想像してしまうが、NMNは、そうではないのだろう。

 

ビタミンB3を多く含む食材

含有量が多い順にランク付けしてみました。 魚介類に多く含まれているのがよくわかる結果となっていますね。 第1位 まいたけ(64mg) 第2位 たらこ(50〜60mg) 第3位 インスタント珈琲(50mg) 第4位 かつお節(45mg) 第5位 めんたいこ・かつお(20mg) 第6位 煮干し・落花生・バターピーナッツ・干し椎茸・レバー(牛/豚)(17mg) 第7位 さば・いわし(15mg) 第8位 鶏ささみ(12mg) 第9位 さんま・ぶり・わかめ(10mg) 第10位 エリンギ(8mg)  

調理方法

ビタミンB3は水溶性ビタミンの一種です。 また、熱に対して強い性質を持っていることから、ビタミンB3を多く含む食材を調理する場合、加熱調理をしても消失することがありません。 ただ、魚介類を調理する場合は、水溶性なので煮汁と一緒に捨ててしまうことになりかねません。 できるだけ使い切る調理方法が良いと思われます。   「長寿」に関係する遺伝子である「サーチュイン遺伝子」を、活性化させる働きがあるといわれる。    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA