ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

サーチュイン遺伝子とは

サーチュイン遺伝子って何?

 

サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子または長生き遺伝子、抗老化遺伝子とも呼ばれ、その活性化により生物の寿命が延びるとされる。

サーチュイン遺伝子の活性化により合成されるタンパク質、サーチュイン(Sirtuin)はヒストン脱アセチル化酵素であるため、ヒストンとDNAの結合に作用し、遺伝的な調節を行うことで寿命を延ばすと考えられている。

つまり、サーチュイン遺伝子とは、タンパク質、サーチュインの合成に関与する遺伝子のこと。

 

NHKが取上げて放送した結果、高価なサプリが売れているらしい。(一般大衆は単純だよね)

2015年1月3日から放送されているNHKスペシャル『NEXT WORLD 私たちの未来 』。
「不老不死」をテーマにした第2回目の放送で紹介された成分「NMN」への注目が高まっている。

NMNは、「長寿」に関係する「サーチュイン遺伝子」を活性化させる働きがある成分だ。

サーチュイン遺伝子の寿命延長効果は、酵母・線虫・ショウジョウバエで報告されています。

ガレンテ教授の実験では、サーチュイン遺伝子を活性化させたことで、ショウジョウバエの寿命は30%延び、線虫の寿命は50%延びたのだそうです。

しかし、これらの実験結果に否定的な報告や意見もあり、このサーチュイン遺伝子が持つ生物の寿命延長効果は、まだ確定しているわけではありません。

要するに、今、分かっていることは、NMNがサーチュイン遺伝子を活性化させる作用があることです。

 

レスベラトロールによる活性化効果については、ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジの研究チームによって否定されている。

1264total visits,1visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA