ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

成長ホルモン促進剤 αGPC

αGPCは成長ホルモンを促進する

 

HGAスプレーには、αGPCが含まれています。

 

アルファGPC 300mg 60ベジカプセル (海外直送品)

 

 

alpha-glycerophosporyl choline
α-グリセリルフォリルコリン
L-alpha-glyceryl phosphocholine

化学式 C8H20NO6P
分子量 257.221 g/mol
L-alpha-GPC_Structural_Formula_V.1.svg

『α-GPCは、母乳に含まれており、体の成長と生命活動に必要な生体成分です。
α-GPCは全ての細胞に存在し、体内では成長ホルモンの分泌を促進する効果や学習能力を向上する効果、
筋肉増強効果、美肌効果なども期待できることから現在注目を浴びている成分です。

α-GPCは、体内では成長ホルモンの分泌を促進する効果があり、乳児にとっては非常に重要な成分です。
また、神経伝達物質であるアセチルコリンと細胞膜を構成するリン脂質の材料になります。
α-GPCは血液脳関門を越えられます。コリンとは、循環器系と脳の機能、及び細胞膜の構成と補修に不可欠な水溶性の栄養素です。

年齢とともに成長ホルモンの量が減少すると、外見的には肌が薄くなりシミ、シワなどが増え、
体力的にはスタミナが衰え、精神的には気力・認識力の低下など、いわゆる老化を感じるようになります。
α-GPCは中高年と若者の成長ホルモンの分泌を促進することが医学的に立証されています。

α-GPCは神経伝達物質であるアセチルコリンの前駆物質であることから、
摂取することで脳の若さに重要な関わりを持つアセチルコリンの量を安定させることができます。また、
アセチルコリンの量を増加させることにもつながるため、記憶力や学習能力を向上する効果を持つと考えられています。』

■ ヒトによる成長ホルモン放出ホルモンへの応答性確認試験において、成長ホルモンの分泌促進効果が報告されています。

n=15(若齢者8名、高齢者7名)
α-GPC 1,000mg+成長ホルモン放出ホルモン 1μg/kg 静脈注射

 

g03

 

 

1843total visits,1visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA