ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

メラノソームの毛母細胞への移動で黒髪が

私達の肌や髪の毛が黒いのはメラニン色素によるものです。 肌や髪の毛の細胞自身がメラニン色素を合成する訳ではありません。 メラニン色素はメラノサイトと呼ばれる皮膚の内側に存在する特殊な細胞の中で合成され、 メラノソームと呼ばれる膜に包まれた袋(小胞)に貯蔵されます。

このメラノソームが細胞内を移動し、肌や髪の毛を作る細胞に受け渡され肌や髪の毛が黒くなる。 その輸送の分子メカニズムはこれまでほとんど解明されていませんでした。 最近、膜輸送の制御に関わる低分子量 G タンパク質 Rab27A と エフェクターと呼ばれる結合分子 Slac2-a 及び Slp2-a の機能阻害実験を行い、 この輸送メカニズムを解明されました。

Rab27A と Slac2-a 複合体がメラノソームをメラノサイトの細胞膜近傍まで輸送し、 次に Rab27A と Slp2-a 複合体がメラノソームを細胞膜につなぎ止め、 隣接する皮膚や髪の毛の細胞にメラノソームを受け渡しやすくする機能が あることを世界で初めて明らかにしました。 つまり、Rab27A はSlac2-a、Slp2-a という二種類のエフェクター分子を連続的に用い、 メラノソームをメラノサイトの核周辺から細胞膜まで輸送していたのです。

今回同定された Slac2-a 及び Slp2-a 分子はメラノソーム輸送を人為的に制御する ための分子標的として応用可能であり、今後、これらの分子の活性化・不活性化を促 す薬の開発が進めば、肌の美白の維持や白髪発生の抑制などの研究にも役立つものと 期待されます。 白髪は、メラノソームが毛母細胞まで運ばれなくなったために発生している。

成長ホルモンの減少が白髪の根本原因

成長ホルモンさえ十分に分泌されれば、髪は黒髪に戻ります。

他にも何か必要なものが関係しているのだろうか? それは、まだ分かりません。 メラノサイトが死滅していたら、肌のシミもできない。 年をとってもシミが出来るから、メラノサイトは、生きている。 そうすると、白髪の原因は、メラノサイトの死滅ではなく、他にある。 メラノソームが運ばれなくなることなのだろう。 研究が進めば、黒髪に替える医薬品も開発されるかも知れませんね。    

やることは兎に角、成長ホルモンの分泌を促進すること。

それだけで、白髪は黒髪に変わります。

成長ホルモン注射をすると、白髪は黒髪に変わります。

断食をすると成長ホルモンの分泌が促進され、白髪は黒髪に変わります。

これらのことから、成長ホルモンさえ増加促進できれば、白髪は黒髪に変わることが分かります。

では、どうしたら、成長ホルモンを増進することができるのか。

それは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA