ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

新型コロナウイルスの名称が変

COVID-19って変だよ

新型コロナウイルスの正式名称は、SARS-COV-2Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 の略称)です。

COVID-19Coronavirus disease 2019 の略称)ではありません。

COVID-19は、コロナウイルスIDに2019年の19を付したもの。WHOがいみじくも国際ウイルス分類委員会(ICTV)が付けた同じ日(2020年2月11日)に(慌てて)命名した。

新型コロナウイルスには、既に多くの種類が発見されており、2020年になって、新たに発見された新型はCOVID-20と呼ぶのか?

だいたいDiseaseのDって、病気ということだから、病名に付けても重複していて意味がない。

virusのviって2文字取ってるのも不自然な気がする。

 

こんな名前はだめだ。

コロナウイルス病2019(COVID-19)って、今回のウイルスの特徴を何も表していない。

 

ネイミングには、それを行った人達の明確な意図が現れる。

一体それは何か? ちょっと考えると、次のような事が考えられる。

 

・SARSという名前を消したかった。

・コロナウイルスという名前を消したかった

・武漢などの地名での呼び名が付くのを避けたかった。

 

 

SARSと言う名を何故消したかったのか

2003年に流行したSARS-COVと今回のSARSーCOV-2は遺伝子配列が77%以上一致している。

従って、SARSーCOV-2がSARS-COVと類似性が強いことから、国際ウイルス分類委員会は前回のSARSーコロナウイルスをSARS-COV-1とし、今回を2とした。

とても自然な命名で、容易に納得できる。

 

では、WHOは、この名前が決定したその日に、何故、(慌てて)それも、とても可笑しな名前を付けたのか。

私は、SARSと言う名前を消したかったからではないかと思う。

 

今回のウイルスから、皆が、SARSを思い出し、関係づけるようになると面倒なことになりかねない。

どう面倒になるかと言うと、今回のウイルスは前回のSARSウイルスが変異したものなのか。

前回と今回は、どのような点(遺伝子配列)が違うのかといことを議論しだしかねない。

多分、そうなる可能性が高い。

 

そうなることを恐れたのではないかと私は思う。

皆様は、どうのように思われますか。

ちょっと考えてみてはいかがですか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA