ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

シワが取れる

α-GPCを飲んで、シワが取れた

α-GPCを飲み始めてから、徐々にシワが取れてきている。

成長ホルモンが増加し、肌の新陳代謝が活性化したことによる顔や手の甲のしわの減少をはっきりと実感しています。

 

実は「しわ」には大きく3つの種類があります。

原因は、以下のように、乾燥肌、表情から生じるしわ、加齢による肌の老化によるしわがあります。

1.乾燥じわ

「乾燥じわ」は、文字通り乾燥が原因でできてしまう小じわのことです。

肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から成っていて、乾燥による小じわは一番上の層である表皮にできるため、「表皮性しわ」とも呼ばれます。

肌のうるおいが不足して角質層が厚く硬くなり、肌が柔軟さを失ってキメが乱れるため、しわになってしまうのです。

保湿を高めることで改善されます。

2.表情じわ

「表情じわ」は、同じ表情を繰り返すことで肌にできてしまったしわのことです。

表情は、顔の筋肉である表情筋が伸縮することでつくられます。そのときに、表情筋と一緒に皮膚も収縮するため、しわができてしまうのです。

本来であれば表情が戻ると同時にしわもなくなりますが、何度も同じ表情をすることで、しわが定着してしまうと考えられます。

表情じわも放っておくと深いしわになってしまうことがあります。

表情を変えることによって、改善されます。

3.紫外線しわ(真皮しわ)

「深いしわ」は、加齢や紫外線などの影響で深く刻まれてしまったしわのことです。真皮層がダメージを受けることでできるしわのため、「真皮性しわ」と呼ばれることもあります。

肌のハリと弾力を保つ役割を持つ真皮は、コラーゲン繊維とエラスチン繊維によって支えられており、その間をヒアルロン酸などのゼリー状の基質が満たしています。

しかし、加齢による新陳代謝の衰えで、紫外線などの影響を受けて壊れたコラーゲンやエラスチンが修復できず、肌のハリを保つことができなくなってしわができてしまうのです。

肌の再生サイクルは、成長ホルモンの減少するとだんだん長くなってしまいます。

真皮のダメージによるしわは、一度できてしまうと改善が難しいと言われていましたが、

成長ホルモンの分泌増で、コラーゲンやエラスチン繊維のほかヒアルロン酸なども合成されるので、しわは徐々に浅くなっていき、終には、消滅します。

深いシワは、真皮の再生によって、修復されます。

成長ホルモンをしっかり分泌させれば必ずシワは治りますよ。

私の浅いシワはどんどん浅くなり、やがて消えてしまいました。

深いシワは、まだしっかり残っていますが。w

それらが消えるのも、そう遠い未来ではない気がします。

 

 

 

1280total visits,1visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA