ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

リジンと髪質

リジンは髪質を良くする

リジンは髪を構成する必須アミノ酸です。

ですから、外部から常に摂る必要があります。

リジンが多く含まれる食品には、以下のようなものがあります。

湯葉や納豆などの豆製品や、シラス干し、マグロ、カツオ、タラコなどの魚介類です。

リジンの役割

リジンは、たんぱく質の形成や、カルシウムの吸収など、肌や骨の形成を助けたり、免疫力向上など健康維持に役立っています。

湿度の低下や紫外線による頭皮の乾燥は、抜け毛の原因となりますが、体組織を修復する働きのあるリジンを摂ることで、頭皮のダメージを防ぎ、また受けたダメージを速やかに修復することが出来ます。

 

髪の主成分であるたんぱく質の生成に役立つとともに、発毛効果があることが科学的に証明されています。

こめかみから始まり生え際が徐々に後退して薄くなる男性型脱毛症(AGA)に高い効果を発揮するとして、リジンを用いた治療法が米国では特許を取得しています。

 

注目を浴びているリジンであります。が特に育毛ではかなり力を入れていると言われています。

 

下記のような効能があります。

①免疫力をたかめる。

②肝臓の機能を強化する。

③口唇ヘルペス(唇びるに水疱ができる))の予防をする。

④髪質が改善する(髪にタンパク質が豊富になる)

⑤集中力がアップする。

⑥肝機能を高める。

 

リジンには、副作用もないので、安心です。

不足しないよう摂取することが大切でしょう。

 

私の場合は、魚介類、豆製品が好きなので、サプリを摂る必要はないかな。

 

574total visits,3visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA