ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

プラセンタの効能

プラセンタは受精卵から作られる

iPS細胞でも作れないプラセンタ。 プラセンタとは英語で胎盤のことをいいます。 哺乳類が赤ちゃんを身ごもるさいに赤ちゃんといっしょにに受精卵からつくられるものです。 胎盤には豊富な栄養分が含まれていて、 『へその緒』というホースをとうして赤ちゃんに栄養を送る役割をしています。 胎盤のスゴイところは、たとえお母さんがどんなに栄養不足でも、 しっかりと赤ちゃんを育てるだけのパワーがあるということです。 そこに健康食品業界や美容業界が注目して話題になった訳です。  

馬と豚の成分

馬プラセンタと豚プラセンタのアミノ酸成分を比較したところ、 馬のほうが豚よりアミノ酸量が1.2倍多いという結果がでました。 極端な差があるように言うメーカーがありますが、誇大広告です。 まだ多くのメーカーが馬は豚の296倍!とか300倍!という広告を出しています。 成分に価格差ほどの違いはないようです。   何れにしろ、プラセンタは、極めて豊富な栄養が含まれていますから、健康や 美容に有益でありそうです。 アンチエイジング効果があると言われてますが、あながち全くの間違いではないでしょう。   でも、アミノ酸、ミネラル、芳香族豊富な食材は、他にもあるので、プラセンタだけが特別な 役割を果たすかどうかは、今後の研究を待たなければならないだろう。   マカとがチャゴールドでアミノ酸、ミネラル、芳香族を摂っている自分的には、直ぐに 飛びつく対象ではないが、試してみたいものでもある。   健康にも、美容にも良いはずなので、摂るのはよのではないでしょうか。    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA