ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

NMNの人体実験7月開始

NMNの人体実験開始

老化を防ぐ夢のような成分、NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)が発見され、マウス実験では、寿命も延びたことが実証されました。 マウス実験では、寿命が16%延びたり、糖尿病のマウスに1週間NMNを投与したら血糖値が正常になるなど、劇的な効果が得られています。 そしてお次は人体への試験です。 米セントルイス・ワシントン大学と慶応大学が7月にも国内で臨床試験を開始する計画で、10人の健康な人にNMNを投与、安全性の確認をした後、数年かけて体の機能の改善効果の有無を調べます。 その結果が良好なら世界初、アンチエイジング薬品として市場に登場するはず。 マウスで結果が出たと言うことは、人間でも同様の効果が出る可能性は高い。 何れにせよ、数年後の人体実験の結果が楽しみである。 しかし、私は数年も待ってられない。 私は、ナイアシンアミドでちょっと早めの人体実験を始める。 果たして、その効果の程は? ナイアシンアミド 500mg を飲み始めた。 確かにナイアシンアミドでは、ナイアシン フラッシュは起こらない。 ナイアシンアミドの個別の効果は、分からない。 多分、いろいろなサプリを飲んでいるので、ナイアシンアミドの独自の効果を自覚するのは、難しいだろう。   NMN分子構造 20160622_anti2 ナイアシンアミドは、NMNを生成する基となる。 ナイアシンアミド構造式 体内では活性型ニコチン酸であるNAD(ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド)やNADP(ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド・リン酸)となって、脂質や糖質からエネルギーを産生する際に働く酸化還元酵素の補酵素として働きます。 ダウンロード 今は、効果を感じないので止めています。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA