ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

脳卒中の種類

代表的な脳血管疾患、脳卒中

脳血管疾患とは、脳動脈に異常が起きることが原因でおこる病気の総称です。

脳血管疾患にはいろいろな種類がありますが、最もよく知られているのが脳卒中です。

脳卒中は、血管が狭窄(きょうさく)・閉塞することにより生じる梗塞や一過性虚血発作(TIA)などの虚血性脳卒中と、

血管が破れて生じる(内)出血やクモ膜下出血などの出血性脳卒中に分けられます。

nosottyu-koseizu img_006 脳血管疾患一覧

このように脳卒中は、脳血管疾患の84%を占める。

nosottyu-hassyobui

厚生労働省発表の「人口動態統計の概況」によると、平成26年1年間の死因別死亡総数のうち、脳血管疾患は11万4,207人で全体の9.0パーセントを占め、全死因の上位から4番目という結果になりました。

このうち脳梗塞は6万6,058人で、脳血管疾患で死亡したうちの58パーセントが、脳梗塞が原因で亡くなっています。

脳血管疾患で亡くなった方の数を性別で比較すると、男性は5万4,995人で男性死因の第4位に、また、女性は5万9,212人で同女性の死因の第3位という結果でした。

img_01

 

846total visits,3visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA