ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

成長ホルモンは外せない

アンチエイジングに絶対必要なもの。

それは、

私は、成長ホルモンと答える。

老化のメカニズムは、未だにほとんど分かっていない。

だから、確かなことは誰も言えない。

勿論、私などには分かるはずがない。

しかし、今は、こう考えている。

成長ホルモンの補充からやってみよう。

(2015年12月16日)

 

だって、活性酸素がどうの、デドックスがどうのなんて、その結果老化

が進むのかもしれないが、そんなの二の次な気がしてならない。

一次原因は、成長ホルモンなどのホルモンが減少して、身体の修復や成長が

できなくなる事ではないのか。

形あるものは、必ず壊れる。

「諸行無常」

「盛者必衰のことわりをあらわす」

 

壊れるのは、仕方ないこと。

但し、それを修復することができれが、老化を防ぐことが出来る。

 

修復された状態が改善されていれば、若返る事だってできる。

事実、私は、若返りを実感している。

 

細胞や器官が再生されるということは、若返るということに他ならない。

 

昔、昔、人は、老化は必然で、決して若返ることはない。

若返ったように取り繕い、誤魔化すことしかない。

そう誤解していた。

 

現代は、それが間違いであったことが実証されている。

人は、若返ることが出来る。

アンチエイジングではない。

“Get younger !!”

「若返り」 だ。

 

 

成長ホルモンの加齢に伴う減少

グラフ

growth_img03

成長ホルモンは、肌・筋肉・脳を再生、修復してくれる、まさに”若さのモト”といえるホルモン。

上のグラフからもわかるように、分泌量は10代がピーク。

女性は、12~13歳。

男性は、14歳~15歳。

この辺りがピークでしょうか。

 

20~30代には、急激に減少します。

20代半ば頃から、急に肌の潤いが減少し、太りやすくなるのはこの分泌量の減少が原因です。

新陳代謝は衰え、基礎代謝量が落ちます。

そのため、同じだけカロリーを摂っても、体内に脂肪などが蓄積してしまうのです。

 

 

他にも何ホルモンかそれに類するものか分からないが、類似の分泌物が深く老化に関わっているに違いない。

先ずは、しっかり、サプリを摂って、成長ホルモンを分泌させましょう。

 

1年以上が経過

肌はハリが出た。

肌がスベスベしてきた。

シワが浅くなった、もしくは、なくなった。

シミが薄くなった、もしくは、なくなった。

白髪が徐々に黒髪になってきた。

歯の隙間が無くなって来た。

お腹が凹んできた。

精神的に元気がでてきた。

やる気がでてきた。

熟睡ができる。

疲れが良く取れる。

 

沢山の良いことがありました。

 

 

 

Related Post

2036total visits,2visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA