ピロリ菌検査

ピロリ菌検査キットを買った。

胃潰瘍のほとんどの原因は、ピロリ菌にあると言われています。

 

簡単は検査キットが個人輸入で手に入ります。

 

予防が大切、先ずは、検査することです。

 

日本人の50歳以上の羅漢率は、70%以上というから、私も感染している確率が高い。

もしも、感染していたら、抗生物質で退治しましょう。

 

私は60代ですが検査結果は、陰性でした。

ほっ。

 

私が使用した検査キットです。

私は、セットで買いましたが陰性の可能性が高いので、セット買いする必要はないでしょう。

ピロリ菌検査キット

 

独立行政法人国立国際医療研究センター理事・国府台病院長の上村直実氏

「ピロリ菌が発見されたのは1983年、わずか30年ちょっと前のことです。以後、ピロリ菌が胃炎・胃潰瘍の原因であることが判明し、ストレスやタバコから起こるという概念が完全に覆されました。胃潰瘍は一度治っても再発する、一生の病気だと言われていたのが、ピロリ菌を除菌すればほとんど再発しなくなるという事実が報告されたのです」

「その後、薬剤によって起こる潰瘍の存在も明らかになりました。ピロリ菌に感染していない人を対象に、どのような状況で胃潰瘍が起こるかを研究した結果、約8割はアスピリンに代表される非ステロイド性抗炎症薬と呼ばれる消炎鎮痛薬(Non-steroidal anti-inflammatory Drugs: NSAIDs)が原因の潰瘍(NSAID潰瘍)であることがわかったのです。ピロリ菌に感染していない人や、NSAIDsを飲んでいない人に胃潰瘍が起こることはまれで、起きるとしても、胃潰瘍の患者さん100人のうち1人いるかいないかという程度です」

 

つまり、薬に犯されずにピロリ菌さえ殺せば、決して胃潰瘍にはならないのです。

ストレスでなるなて言うヤブ医者を信じていてはいけません。

悪化しますよ。

医者にかからる前の予防治療が一番です。

皆さん、胃潰瘍になるなて、現代人としてあり得ない、恥ずかしい。

馬鹿でしょう。

 

この抗生物質で簡単に殺せます。


 

●ピロリ菌と胃がんの関係

胃がんとピロリ菌は密接に関係しているといわれています。
1994年にWHO(世界保健機関)は、ピロリ菌を「確実な発がん因子」と認定しました。

2014年には「胃がん対策はピロリ菌除菌に重点を置くべきである」との発表を行っています。

 

でもね。

ピロリ菌さえ撲滅すれば、胃がんならななんて思わないでね。

 

胃潰瘍から胃がんになり易いらしいという話です。

だからと言って、放っておいてはダメ、胃がんにならないためにも、ピロリ菌撲滅は大切ですよ。

中国のグループからの報告では3千人以上を対象にして、7年の経過を追ったところ、除菌した人のほうが胃がんの発生が抑えられていました。

同じような研究は欧州や韓国でも進行中で、結果が待たれます。

 

 

ピロリ菌感染率の低下から、長期的には日本から胃がんの発症は自然と減っていくでしょう。

しかし、今現在ピロリ菌に感染していて、将来的に胃がんになるかもしれない人がまだ多数いる、ということが問題です。

ピロリ菌に感染した人が胃がんで命を落としてしまうことを考えると、「除菌によるデメリットの方が少ない」。

 

●ピロリ菌薬剤の副作用

軟便、軽い下痢などの消化器症状や味覚異常が起きた場合
自分の判断で、服用する量や回数を減らしたりせずに、最後まで(7日間)残りの薬の服用を続けてください。
ただし、服用を続けているうちに下痢や味覚異常がひどくなった場合には、我慢せず、主治医または薬剤師に相談してください。
発熱や腹痛を伴う下痢、下痢に粘液や血液が混ざっている場合、 または発疹の場合

直ちに薬を飲むことを中止し、主治医または薬剤師に連絡してください。

1696total visits,1visits today