ダウンエイジング (Rejuvenating)

Antiaging 時代は終わった。今や、ダウンエイジング(Rejuvenating)時代だ。何故なら、全ての細胞、器官は再生可能だ。即ち元来、人には若返る力がある。だから将来、不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

イベル目の不思議

イベルメクチンで目が

霧が晴れた。

飛蚊症が治った。

老眼が治った。

など、など驚きの声をネット上で散見する。

一体これは、何なのか。本来、イベルメクチンは寄生虫などの効果があると謳われて、目とは関係ないように思われる。

ところが、ひとつ参考となる文献を見つけました。それは。

人体では、寄生虫の未熟な幼虫が皮下組織に結節を作り、そこで成虫に成長する。交尾の後、メスのミミズは、約10-14年の間、1日に1000マイクロフィラリアを放出することができる。これらは体内を移動し、死滅すると、皮膚の発疹、病変、激しいかゆみ、水腫、皮膚の色素沈着などの様々な症状を引き起こす(図2)。また、ミクロフィラリアは眼にも侵入し、視力障害や失明の原因となり、オンコセルカ症は感染症による失明の第2位の原因となっている17)。この病気は、約1~2百万人に視覚障害を引き起こし、そのうち約半数が失明する18) 。

引用:https://alzhacker.com/ivermectin-wonder-drug-from-japan-the-human-use-perspective/

何と、私も、私の友人もイベルメクチンを飲むことにより、目が視界が晴れたのです。果たして、ミクロフィラリアに犯されていたかどうか検査をした訳ではないので分かりませんが、同じような悩みをお持ちのお方は、試してみる価値は十二分にあると思います。

イベル目は素晴らしい。Bravo!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA