ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

アンセリンが痛風に効く理由

アンセリンで尿酸値が下がる

アンセリンが尿酸値を下げることは実証された。

ヒト試験は、尿酸値が高め(6.5~8.0mg/dl)の成人男性31人を2つのグループに分け、1つのグループにはアンセリン入りカプセル(アンセリンを1日50mg含有)、別のグループには偽薬(プラセボ)を、それぞれ4週間摂取してもらって調査しました。

その結果、アンセリンを摂取したグループは右の図のように日を追って尿酸値が下がる傾向が認められ、アンセリン摂取前の尿酸値の平均値が7.19mg/dlだったものが、2週間後には6.97mg/dl、4週間後には6.84mg/dlにまで降下しました。さらに、摂取終了から2週間後にも、降下が続いている傾向が見られました。

何故アンセリンが尿酸値を降下させるのか

アンセリン摂取による尿酸値降下の理由は、尿酸ができるのを抑制するHPRT(ヒポキサンチンホスホリボシルトランスフェラーゼ)と尿酸の排せつに関わりのある乳酸脱水素酵素(LDH)の2つの酵素の発現量が増すことによるものであることが、ラット試験により確認されています。アンセリン摂取終了後も尿酸値が降下し続けたのは、摂取を止めても、これらの酵素の発現量が増えた状態が持続していたためであると推測されます。

アンセリンは、(1)尿酸が作られすぎることを抑え、(2)作られすぎてしまった尿酸の体外への排せつを促進し、尿酸値を下げる働きをします。

(1)尿酸をつくりすぎない
再利用酵素と呼ばれる「HPRT(ヒポキサンチンホスホリボシルトランスフェラーゼ)」という酵素の量を増やすことにより、プリン体が分解されて尿酸になる前にもう一度、プリン体に戻すことで、尿酸が作られすぎるのを防ぎます。

(2)尿酸を体外へ排せつしやすくする
過度の飲酒や肉体疲労により体内に乳酸が溜まると、尿酸は排 せつされにくくなります。アンセリンは、乳酸を代謝する「LDH(乳酸脱 水素酵素)」の量を増やし、体内で発生する乳酸の代謝を促進す ることで、尿酸の排せつを促すと考えられます。

アンセリンは、素晴らしい。

特に酒飲みは飲むべし。

早速、始めることにした。

アンセリン (約3ヶ月分/90粒) 11種類のビタミン&7種類のミネラル

5749total visits,37visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA