ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

北極鯨は長寿

哺乳類の最長寿

ホッキョククジラは、哺乳類の中で最も長寿ではないかと言われている。

ホッキョククジラ(北極鯨、学名:Balaena mysticetus)は、ヒゲクジラ亜目セミクジラ科ホッキョククジラ属に属するクジラ。

他のクジラが採餌や繁殖のために移動を行うのと異なり、ホッキョククジラは一生を肥沃な北極海で過ごす。近縁種にセミクジラ属がある。

他のセミクジラ科のクジラ同様、ホッキョククジラは、大西洋で16-17世紀頃から捕鯨の対象となり、近代捕鯨により全世界的にも個体数が激減し、1966年に商業捕獲が一時停止(モラトリウム)とされた。

北欧(スピッツベルゲン島海域)では、依然として絶滅危惧域を脱してはいないという主張はあるが、科学的根拠はない。

ベーリング=チュクチ=ボーフォート海域(BCB)では、科学指導のもとで先住民生存捕鯨(subsistence whaling)が行われており、この海域では捕鯨前の頭数近くまで達しているとのIWC意見書 (2005年)が出ている。ベーリング海域や、米・アラスカ州やカナダのエスキモーなどの間で生存捕鯨が再開されている。

 

ホッキョククジラは高度な発声能力をもち、移動・採餌および集団行動の際のコミュニケーションのために水中音を使用している。

長く繰り返される音声を発することもあり、これは求愛の歌であると考えられている。

ホッキョククジラの習性としては他に、水上に飛び上がって体を水面に打ちつけるブリーチング、尾びれで水面を打つテール・スラッピング、体を垂直にして水面から顔を出すスパイホッピングなどがある。

繁殖行動は一つがいの間、あるいは数頭の雄と1-2頭の雌からなる集団内で行われる。

繁殖は3月から8月にかけて観察される。繁殖活動は、クジラが10-15歳程度になった頃から行われるようになる。

メスは3-4年に一度、13-14ヶ月間の妊娠期間の後に出産する。

ホッキョククジラの新生児は全長4.5m、平均体重1,000kgほどで、最初の一年で9mほどに成長する。

ホッキョククジラの寿命は、かつては他のクジラと同程度の60-70年ほどと考えられていた。

しかし最近の詳細な研究により、少なくとも数頭の個体は150-200年程度生きているという信頼のおける結論が得られた(別の報告によると、90歳の雌がなおも繁殖可能であるという)。

数頭の個体が150~200年程度生きていることが分かり、最も長生きしているものは少なくとも211年生きていると見られています。

 

このことからも、人間が120歳までしか生きられないとは考え難い。

 

 

1405total visits,2visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA