ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

成長ホルモンの効果

成長ホルモンの本来の役割

タンパク質の合成 成長ホルモンは筋肉へのアミノ酸の輸送を増加させタンパク質の合成を盛んにし、それらの結果、筋肉が発達
糖質代謝 血糖値を高め、組織でのエネルギー消費を高める
脂肪代謝 脂肪細胞中に蓄えられていた中性脂肪を分解し、血液中に遊離脂肪酸を放出させ、その遊離脂肪酸は肝臓内で分解され体脂肪が減少
ミネラル代謝 カルシウム、リン、マグネシウムの代謝に影響し骨形成を促進。小児においては長骨を伸ばす作用を持つ
プロラクチン様作用 成長ホルモンは、「ラクトゲン受容体」に結合するため、乳腺の発育や乳汁生成にも関係

 

成長ホルモンはね

成長ホルモンは、脳の下垂体から血液中に分泌されるホルモンで、アミノ酸が191個つながったペプチドホルモンの構造をとっています。

10歳から14歳の頃に血中分泌量のピークを迎え、未成年の子供に対しては、背を伸ばす役割を持っています。

14歳以後は、徐々に血中分泌量は少なくなり、50歳を超えると、ピーク時の5分の1から7分の1の量に減ってしまいますが、高齢になっても体内では重要な役割を担っています。

子供に対しては、成長ホルモンは長幹骨(大腿骨など)の骨端線に働きかけ、軟骨細胞の分裂増殖、分裂した軟骨細胞の肥大化、血流中の胚細胞の骨端線軟骨細胞への分化誘導などの役割を通じて、子供の背を伸ばしていると推測されています。

したがって、子供の成長ホルモンが十分に分泌されなければ、背が十分に伸びず低身長状態が続いてしまいます(成長ホルモン分泌不全性低身長症)。

成人に対しては、筋肉に対する蛋白合成作用、心筋収縮力増強作用、線維芽細胞のコラーゲン・ヒアルロン酸合成能力の向上、腸周囲のホルモン感受性リパーゼを活性化させることによる内臓脂肪の減量作用、脳に対する何らかの作用を有しています。

成長ホルモンの主な働きは、標的器官に分泌されることでその組織の成長を促す事と、代謝をコントロールする事です。これらは、成長ホルモンの信号を受信することのできる受容体の存在が必要で、この組織に働きかけを行う事で、成長や代謝が促進されます。

前者の働きでは、例えば、骨の骨端線(こったんせん)に働きかける事で、骨を成長させる事ができます。また骨だけではなく、女性であれば、バストのラクトゲン受容体に働きかける事で、バストの成長に関わってきます。

また、組織の成長だけではなく、代謝を促進する働きもあり、脂肪細胞が燃焼しやすくする働きや細胞の結合を強くする働きなどがあるほかに、病気への抵抗力を引き上げたり、筋肉をはじめとする細胞の修復を促進したりなど、私達の体がより健康的になる上でとても重要な役割があるのです。

それから、働きかけには2つの経路が存在していて、一つは、脳下垂体から、各組織の受容体へと直接働きかけるパターン。もう一つは、肝臓を経由してIGF-1(インスリン様成長因子-1、ソマトメジンC)という別の成分に変わってから、各組織へ働きかけを行うパターンです。

肝臓は、体内に取り込まれた栄養が一時的に貯蔵される場所なので、ここから各組織に運ばれたほうが、効率が良くなります。

コラーゲンやヒアルロン酸の合成が促進され、肌の新陳代謝が活性化されることにより、肌の若返りを実感できます。

若返りのためには、必須のホルモンですね。

1457total visits,4visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA