ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

マカと視力回復

確かにしていると思っていた

マカを飲んでから、確かに視力回復してきた。 間違いない。 と、思っていたが、間違いだった。 しかしながら、視力回復には、成長ホルモンの十分は分泌が必要なことは確かなようだ。 成長ホルモンの分泌が非常に多い子供にも近視が多いように成長ホルモンの分泌だけでは、視力は回復せず、このことから、視力回復するためには、必ず適切なトレーニングが必要なことが分かる。 こちらのトレーニングを参考にして頂きたい。  

視力回復トレーニング

視力を回復させるためには、視力回復トレーニングが欠かせません。 頑張って視力を回復させたい人は、以下のサイトを参照してください。 成長ホルモンの分泌だけでは、視力は回復させることができません。 1、視力回復のトレーニングと自律神経 2、視力回復トレーニングとスマホ  

夜間の回復

朝は、目の調子が良い。 多分、夜間の間に組織の修復、再生作用が働いているためであろう。 そして、夕方になると、疲労のためか視力が落ちる。   マカの成分のひとつである「アントシアニン」に効果によって、目の網膜にあるロドプシンという色素が再生されるとある。 だが、単純にアントシアニンを摂取すれば良いかと言うと、そんな単純な話ではない気がする。   これからも、視力回復の方法を研究していきたい。     視力回復は、簡単には克服できない私たちの課題である。  

光り伝達メカニズム

光り伝達の模式図 phototransduction-scheme-1 視細胞外節における光シグナル伝達(phototransduction)メカニズムの模式図。 光が照射されるとロドプシンが活性化し,トランスデューシン(Gタンパク質)を経てフォスフォジエステラーゼ(PDE)が活性化することによって,2次メッセンジャーであるcGMPが分解される。 その結果,形質膜にあるCNGチャネルが閉じ,内向き電流が流れなくなることによって膜電位が減少する。 これが視細胞における光応答である。 CNGチャネルを通って流れ込むCa2+は,グアニル酸シクラーゼ(GC)やロドプシンキナーゼ(RK)を抑制し,cGMPのレベルを調節する。 CNGチャネルから流れ込んだCa2+は,Na/Ca-K交換ポンプによって排出される。cGMPレベルとCNGチャネルのオープニングの間にはCa2+を媒体とする負のフィードバックが存在し,これが視細胞における明順応の原因となっている。錐体(cone)も基本的に同様のシグナル伝達メカニズムを持っている。  

終に回復してきた

(2017年12月30日追記) 超音波治療器は、確かな効果がありました。 メガネの度数を徐々に下げて、視力回復トレーニングをしています。   突然ピントが合って、はっきり見えるのは、脳と視神経の回路が繋がったからかな。 「超音波治療と視力回復経緯」  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA