ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

ナイアシン フラッシュは良いことか

ヒスタミンによる食中毒

多くの場合、食べた直後から1時間以内に、顔面、特に口の周りや耳たぶが赤くなったり、じんましん、頭痛、おう吐、下痢などの症状が出ます。

重症の場合は、呼吸困難や意識不明になることもありますが、死亡事例はありません。

フラッシュは、細胞内のヒスタミンが血中に出てくることで起こる。

食中毒と同じ表情です。

フラッシュが体に良くない。

 

赤身魚(マグロ、ブリ、サンマ、サバ、イワシ等)に多く含まれるヒスチジンは、ヒスタミン産生菌が産生する酵素の働きで、ヒスタミンになります。

ヒスタミンとして100ミリグラム以上食べると、食中毒を発症するとされています。

ヒスタミン産生菌の中には、海水中に存在して漁獲時にすでに魚に付着している可能性があるものがあります。

index_img_04

参考:花粉症や食物アレルギーの人は、体内にアレルゲン(花粉、食物等)が入ると免疫反応によりヒスタミンが出てくるために、アレルギー症状を起こします。

ナイアシンを飲んで、ヒスタミンを放出すると、花粉症は治るのだろうか?

もしも改善されるとしても、それは、間違った花粉症の治し方で、決してするものではありません。

体に悪いことをしてたら、必ず別のどこかに障害が生じます。

 

 

ナイアシンアミドは、フラッシュしません。

ナイアシンアミド 500mg 100カプセル (海外直送品)

ナイアシンアミドとは、主に米ぬかや牛の肝臓(ニコチン酸アミドと呼ばれるもの)から摂取することができる”天然成分”のことを指します。

このナイアシンアミドは、ビタミンB3なのでビタミンB群の1種類に分類されます。

ビタミンB3は、血行を促進してくれる作用や、肌細胞を活性化作用が期待できるので、ニキビや吹き出物といった肌荒れ、またくすみなどの肌トラブルの予防効果が期待できると言われています。

また、慢性アルコール中毒に高い効果を発揮する医薬品にも活用されており、別名ナイアシン誘導体とも言われているようです。

これ、俺にも良いかも。

 

3140total visits,3visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA