ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

空腹時に成長ホルモンが増加するのは何故?

生命維持能力か?

いったい何故、空腹時に成長ホルモンが多く分泌されるのだろうか。

空腹時は、外部から摂取したエネルギーがなくなってきた状態で、

エネルギー源を内部留保している内蔵脂肪などに頼らなければならない。

 

血中の糖分が減少するとそれを補うために成長ホルモンが

分泌される。

 

また、成長ホルモンは内臓脂肪を燃焼させる司令塔であるから、

生命が維持するために成長ホルモンを分泌する必要がある。

 

最近の研究で、どのように空腹時に成長ホルモンが多く分泌されるかが分かってきた。

胃の中が空っぽになると、グレリンというホルモンが胃の中に分泌される。

そのグレリンによって、成長ホルモンの分泌が脳下垂体から行われている。

 

断食すると成長ホルモンの分泌が増え、白髪が黒髪になるのは何故か?

成長ホルモンを分泌さえすれば、髪は黒髪になる良い立証事例ですね。

栄養補給もなにもなしで、髪は、黒くなるのですから。

現在、体内にある物質で補うことができるのですね。

 

1528total visits,6visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA