ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

筋肉増強

成長ホルモン 男性ホルモン インシュリン

重要なのは、この3つです。 プロのボディービルダーの間では、HGH(ヒト成長ホルモン)の使用は当たり前だと言われています。 成長ホルモンは、年齢とともに分泌が少なくなり、10代の後半がピークで、20代前半でピークの半分程度に減少します。40代ではそのまた半分程度に減少します。 これがいわゆる老化現象の一側面です。 老化に伴い、筋肉量は減少しますが、その原因の一端はHGHの減少によるものと思われます。 なので、HGHを外部から摂取すれば、体は若返り、筋肉も戻ってきます。 世間一般では、HGHは若返り薬として美容の側面から注目されていますが、ボディービルダーの間では筋肉増強剤の一種として見なされています。 HGHはそれ単独で筋肉増強剤として使用することは少なく、インシュリンやステロイドなどと併用して使用することが効果的であり一般的です。 筋肉増強に大きな影響を与える重要なホルモンは、成長ホルモン、男性ホルモン、そしてインシュリンです。 これらホルモンは、筋肉細胞核へたんぱく質で筋肉を合成させるよう働きかけます。 又インシュリンはアミノ酸が筋細胞内に入るスピードを促進させる作用も有ります。 殆どのアミノ酸は、ナトリウムポンプ(細胞膜中の塩分による浸透圧)というプロセスによって筋細胞の中に摂り込まれるのですが、インシュリンはこのプロセスを促進させるのです。 インシュリンはアミノ酸が細胞内に摂り込まれるのを促進し、RNA(たんぱく質合成に必要なもの)の生産量を増やし、同時に筋肉内でのたんぱく質分解(エネルギーとして使われる)を妨げ、肝臓がアミノ酸をエネルギーとして使うのも妨げます。  

副作用

効果を重視するばかりに、副作用がとてつもなく高い筋肉増強剤(アナボリックステロイド等)を使ってしまうと、一生治らない病気を患ったり、病院に何度もお世話になるなど、想像を絶する副作用に悩まされることになります。 1日で筋肉が肥大化するという強烈な効果もあるが、その反面、 後遺症を残すほどの強烈な副作用も存在しているという事を忘れないでほしい。 筋肉増強剤を使用する場合は、「安全性の高いもの」を使用するのが本当に大事だと思える。

テストフェン

バルクスポーツ テストフェン 60タブレット これは、副作用がすくなく安全だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA