私の視力回復履歴

私の視力回復履歴

1968年 中学3年生 視力が悪くなり始める。

1976年 コンタクトレンズを使用し始める。

1998年 コンタクトレンズに替えメガネを主に使用し始める。

2017年 12月5日 超音波治療器を使い始める。

2018年 9月17日 ブルーライト照射治療を開始。

2020年 7月 成長ホルモン促進とサンテの目薬開始。

(2017年12月5日)

開始時の使用メガネのディオプター(度数)

右 -6.0 視力 1.2

左 -6.0 視力 1.2

(2017年12月30日)

からは、ディオプター

右 -5.75 視力 1.2

左 -5.75 視力 1.2

になることに成功しました。

 

(2018年3月29日)

からは、ディオプター

右 -5.50

左 -5.50

少し無理がある。

(2018年9月17日)

右 -5.25

左 -5.25

視力回復は停滞。

ブルーライトによる軸長矯正を開始。

(2019年1月22日)

からは、ディオプター

右 -5.00

左 -5.00

(2019年9月22日)

からは、ディオプター

右 -4.75

左 -4.75

強度のブルーライトを10秒程度当て始める。

ブルーライトの照射時間は、その強さに依存します。

強い光ならば、5~10秒程度が限度ですが、弱ければ30分以上照射した方が効果があるようです。

詳しくは、こちらを参照してください。

ブルーライト視力回復法

 

(2020年9月28日)

からは、ディオプター

右 ー5.25 視力 1.0

左 ー5.25 視力 1.0

ブルーライト発生器壊れる。

メガネが元に戻って、視力が改善してないように見えるが、実は改善を実感している。

2年前、1年前は、この度数で1.0は見えていなかった。今は、見える。調子のよい時は、1.2まで見えている気がする。

考えられる視力が改善した理由は以下の2点です。

1. 成長ホルモンの分泌を促進。

2. サンテ メディカル G ガードEX とい目薬をさし出しだ。

この近視改善の要因には、老眼と角膜の改善が含まれていると思う。

今後の変化に注視したい。