ダウンエイジング

今は、ダウンエイジング時代だ。全ての細胞、器官は再生可能だ。若返ることは既に可能だ。不老不死の時代になるという人も居る。多分そうなるに違いない。

アメリカの成長ホルモン事例

アメリカは、成長ホルモンの投与の先進国である。

米国産牛肉には、成長促進の為に、日本やEUでは禁止されている
遺伝子組み換え成長ホルモンが使われている。

アメリカ産牛肉と国産牛肉の成長ホルモン残留濃度を比較した結果、
アメリカ産には国産の600倍もの濃度の成長ホルモンの残留が判明。
アメリカは、成長ホルモンを積極的に利用しています。

「アンチエイジング」を堂々と科学技術系予算に掲げたアメリカから、
成長ホルモンについての医学論文がポツリポツリと発表されてきています。
注射によって6ヶ月投与したところ、以下の効果があったと発表されています。

筋肉強化 88%
視力強化 88%
筋肉発達 81%
免疫力増加 73%
健全な生活とポシティブな生き方 78%
夜尿回数の減少 57%
皮膚弾力性増加 71%
シワ減少 71%
不規則な生理周期の改善 63%
情緒安定、記憶力向上 67%
エネルギーとスタミナ増加 77%
消化機能改善 58%
更年期症状減少 58%
熟睡 61%
関節の柔軟性回復 80%
骨粗鬆症改善 58%

確かな変化を私自身も感じている。

1104total visits,5visits today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA